小さな子供やペットを飼育がしやすい住まい

住まいは資産としても非常に大きなウェートをしめています。

高齢者の田舎暮らしと住まい

小さな子供やペットを飼育がしやすい住まい 住まいは資産としても非常に大きなウェートをしめています。それで将来の不動産の環境を考えて、購入するなり売却をするなり、賃貸で活用するなり考えておきます。需要と供給から考えてみると、少子高齢化で人口が減り、高齢者の数が増えていきます。そうなると考えられるのは、不動産物件でも差別化が起こり、人気のある一部の地域だけ売買もできるようになり、それ以外のマンションや建物は誰も借り手がいないという状態になります。若い人たちの人口自体が少なくなるのですから誰が考えてもわかります。また高齢者が多くなるということは広い住まいではなく1DKや2DKなどの狭い住まいで十分生活ができるようになります。

広いマンションや家よりも少人数で住める家の需要が増えるということになります。地方ばかりではなく都会でもそうなっていきます。一方地方の需要がないかというとそうでもなく、高齢者の需要で人気化する地域も出てきます。高齢者用の町ができるかもしれません。理由としては年金生活だと地方でも住めます。都会の住まいを売却して地方の安い物件を購入するなり、賃貸することで、老後の資金を効果的に運用できるからです。あとは医療や介護の制度が整っているところを選べばよいとなります。

関連キーワード



Copyright(c) 2019 小さな子供やペットを飼育がしやすい住まい All Rights Reserved.